2014年07月22日

マレーシア機撃墜 親露派の関与「捏造」ロシア側が反論

「マレーシア機撃墜 親露派の関与「捏造」ロシア側が反論」の論旨の記事が各新聞に掲載されています。
現在の日々のマレーシア機撃墜事件の報道を鵜呑みすれば、ロシアは、何を責任逃れなことを言うのかと怒りを感じるは多いと思います。
でも私はへそ曲がりなのかもしれないけれど、ウクライナ政府が、親露派がいかに関与したかの証拠として発表した、動画や傍受した録音のニュースを見て、まあ良くできたお芝居と、誤解を恐れずに言うと素直に感じました。
ロシアの反論の記事の中の反論内容には説得性があるように感じます。
ウクライナが言う、親露派の犯行とする根拠は何か?と思うし、
なぜ軍事行動地域の上空を民間機の飛行禁止区域にしなかったのか?とウクライナに質すロシアの反論は当然だと思います。
また、この段階で、オバマがプーチンに直接責任があると言いだしているようですが、今までと同様、新自由主義グローバリストの代弁者であることをオバマ自身で認めているようなもので、稚拙でバレバレの猿芝居が始まったと思うのは私だけでしょうか。
「マレーシア機撃墜 親露派の関与「捏造」ロシア側が反論」で検索していただくと各新聞の記事がヒットすると思います。
ぜひご一読を。
posted by bhycom2 at 03:52| 東京 ☁| 国際 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。