2014年07月26日

熱中症

私は東京に住んでいますが、本当に暑い、いや、くそ暑い日が続いています。
これが8月も中旬を越えている時期なら、あと少しで秋だと思えるのですが、まだ7月後半だから、これから1ヶ月、1ヵ月半は続くと思うとげんなりします。
私はハワイが好きで、夏は本来好きだったのですが、最近の東京の夏は、その暑さ常軌を逸していて、夏が大嫌いになりました。
まだ、最近はクールビズが当たり前になり、上着はともかく、ネクタイをしている人が減ったのはいい習慣だと思います。
でも、夏の極暑って心臓にも悪いそうで、私など心臓疾患の発作は寒い冬のほうが多いと思っていたら意外に真夏に多いそうです。
 
少し熱中症について調べてみました。
次のような症状が出たら熱中症の疑いがあるそうです。
1.めまいや顔のほてり
2.筋肉痛やけいれん
3.体のだるさや吐き気
4.汗のかき方がおかしい
5.体温が高く、皮膚が赤く乾く
6.呼びかけに反応せず、まっすぐ歩けない
7.水分補給ができない

そして、熱中症対策です。
1.日陰を選んで歩いたり、帽子をかぶる、日傘をさすなどして暑さを避ける。
2.吸汗・速乾素材や涼感素材の衣料を活用するなどして服装を工夫。
3.のどが渇く前にこまめに水分を補給。
4.人間が上手に発汗できるようになるには暑さへの慣れが必要。
  まだ慣れていない、急に暑くなる日に注意。
5.暑さに備えた体作りを(汗をかかないような季節から、少し早足でウォーキングするなどして、汗をかく機会を増やしていれば、暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります)。
6.風邪などで発熱している人、下痢などで脱水状態の人、肥満の人、小児や高齢の人、心肺機能や腎機能が低下している人、自律神経や循環機能に影響を与える薬物を飲んでいる人は、熱中症に陥りやすいので暑い場所での運動や作業を避ける。
7.集団活動の場ではお互いの体調に配慮。

いずれにしても東京の熱さは異常です。
昨日も横浜から金融機関の人が来社しましたが、東京駅に着いたら、横浜よりかなり暑く感じたと言っていました。私も横浜に行くと、東京よりも数度気温が低いように思います。
多分気温だけでなく、町並みや人の密集度や、緊張感が違うから、すっきりするのだと思います。
湘南在住の知人は、圧倒的に冬よりも夏が好きと言っていますが、横浜よりさらに開放感あるし、本当に海風があって涼しいみたいです。
湘南って、避寒地かと思っていたら、もともと避暑地だったそうです。
  
とにかく早く涼しくなって欲しい。
冬になって欲しいと思います。
posted by bhycom2 at 02:53| 東京 ☀| 生活 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。