2014年07月31日

スカイマーク

エアバス、スカイマークとの交渉打ち切りを表明というニュースが飛び交っています。
ご存じない方にどのようなニュースかをお伝えするために読売新聞の記事から転載します。
  
読売新聞 7月30日(水)18時45分配信)
 スカイマークが欧州旅客機大手エアバスから大型旅客機「A380」の購入契約の解除を通告された問題に関し、エアバスの日本法人は30日、読売新聞の取材に対し、「交渉は終わっている」と述べ、スカイマークと今後、協議を行わない考えを明らかにした。
 違約金などの解約条件については「契約書に沿って我々が権利を行使するだけだ。決定権はこちらにある」と述べた。スカイマークの西久保慎一社長は29日の記者会見で、解約条件について「協議している最中だと思っている」と述べていた。
 スカイマークは当初6機を導入する予定だったが、2機の導入を延期し4機の契約を解除する案を打診。エアバスは6機の契約解除を通告した上、契約変更を言い出したのがスカイマーク側だったことから、700億円規模の違約金の支払いを求めているとされる。
 
   


記事からするとスカイマークは大変な経営への深刻な影響が出るのは確実です。
スカイマークの総資産は78,771百万円で、700億円という違約金が単独で支払えるとはとても思えず、たとえば全日空や日航など、あるいは海外の大手航空会社の傘下に入る以外で、経営をしていく選択肢はなくなたのではないかと思います。
そもそも、スカイマークがA380を導入すると聞いたとき、違和感を感じた方は多いのではないでしょうか。
確かに、ご存知のようにLCCはじめ新興の航空会社のパイロット不足は深刻で、機材を大きくしたほうが少ないパイロット数で大量の乗客を登場させることができるからの措置だと思います。
でも、先ほどの総資本の数字を見ただけで1機300〜400億円もするA380を6機購入契約をしていたこと自体、経営の観点からすれば異様に映る経営判断だったと思わざるを得ません。
さらに不思議なのは、エアバス側にしても、契約先の与信管理をどのように考えていたのか不思議で仕方ありません。
このような事態になったとき一番気になるのはスカイマークの安全運行の問題です。
日本航空でもそうでしたが、どうしても財務状況が厳しくなれば、運行コストも厳しく管理され、場合によっては削減してはいけないような、対安全のコストも削減される懸念が出てしまいます。
だから、この700億円という違約金問題に対して早急なスカイマークの意思決定が求められます。
さもなくば、しばらくは乗らないほうが安全なんて風評被害が出てしまうと思います。
posted by bhycom2 at 05:04| 東京 ☀| 経営 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。