2014年08月31日

日本・アメリカ・中国の関係を考える時

日本が敗戦後60年以上たってもアメリカから自立できない。
尖閣問題でアメリカは明確な態度を取らない。
通貨同盟のようなドルと元の関係を見ると、日米よりも米中の関係の方が密接。
軍事的脅威が起きるのが明白なのに、中国に重大な軍事機密を流したアメリカの不思議。
日本はアメリカの国債を処分することはできない。
不可思議な財務省の増税緊縮財政一辺倒の政策。
沖縄の左翼化、もっと言えば中国化に対して明確な態度を取らないアメリカ。
政官財マスコミの多数は新自由主義・グローバリズム信奉者である。
などなど、日本の政治は、日本の国益、国民の利益をストレートに追及できない壁、要は戦後レジームが存在します。
今後の日本の将来を考える時、絶対に無関係で済まないのが、世界の富を一手に握り、アメリカも中国も、そして日本を間接支配でコントロールする金融ユダヤ資本を筆頭とする権力者の存在です。
このようなことを言うと必ず、謀略史観だと批判するバカがいます。
このバカの正体は無知か確信犯的なエージェントかスパイで、権力者に対する本質的な議論や調査から逃れる手段に使われています。
官僚、政治家の多く、そして東大を頂点とする学会や御用学者、そして多くの教育者。
朝日、毎日、NHKなどマスコミなどもその一員です。
日本の近現代史を考える時、ぜひご一読いただきたい本を2冊紹介します。

戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」―二段階革命理論と憲法 -
戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」―二段階革命理論と憲法 -

この「戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」―二段階革命理論と憲法」の内容がよく分かるカスタマレヴューを紹介します。
『現代史はまだ歴史ではない、という。最近になって新たな文書が次々と解禁され、史実が書き換えられようとしているが、日本では左翼イデオロギーがじゃまして正確には伝えられていないようだ。
この本を読むと今までの認識を改めさせられる。新事実の連続で疲れるぐらいだった。
まず、ルーズベルトが社会主義者であり、日本を戦争に引きずりこんだ犯人である、という事実。
GHQは日本を民主主義国家ではなく、共産主義国家に仕立てあげようとしていた事実。
OSS軍事戦略局(GHQの前組織)にいた日系共産主義者と米国の共産主義者が、1947年までの占領政策に大きく関わり、日本の戦後の左翼化を決定づけたという事実。
「ソ連主導のコミンテルンの勢力」ではなく、「米国共産主義勢力と日本国内の共産主義勢力によるものだった」という事実が私には大きな驚きだった。しかもたった2年で!
東京裁判で戦犯が断罪され、新憲法もでき、公職追放が行われ、神道命令も出る。
焚書や検閲など情報統制が行われ、ソ連やGHQに対する批判はいっさい認められなかったどころか、裁判に対する批判すら禁じられた。
国民はマッカーサーに感謝の気持ちさえ持ってしまった。
天皇存続はマッカーサーが決断したわけではなく、実は1942年の段階ですでに決定済みだった。
諦めたのではなく、将来に託す作戦に出たのである。
いきなり退位させると反発を招くから、天皇を利用した上で、次の段階で「民主化する」という「二段階革命論」だった。
日本国民と軍部との離反を工作した。指導者たちに対する不信感を煽り、「軍部が悪い、国民は騙されていたのだ」ということにした。
OSSの「日本計画(最終報告)」の中に『日本の諸階級・諸集団間の亀裂を促すこと』とある。
つまり、政府と国民の対立を煽り日本人を分裂させたのは、「革命」を促すためで、
戦力放棄は、次の段階での「革命」や「内紛」が起きやすい環境を作るためだったのである。
本当は、彼らが戦争を起こしたのは国民のためだったのに、
メディア戦略によって、日本は侵略国家であったとか、真珠湾攻撃は卑怯な作戦だったとかいうことを徹底的に信じ込まされた。
OSSは心理作戦によって日本を社会主義化させようとした。それまでの経済闘争や労働運動から、文化面での闘争に切り替えた。そこには日本人をその根から断ち切ろうとする悪意がある。
彼らは社会学や心理学を武器に、学校やメディアで人々を洗脳し、その結果、大学やメディアあるいは文化人と呼ばれる人たちによって日本文化そのものを変質させ、日本人の意識の左翼化が進んだのである。
日本は軍事的な作戦以外には無警戒だったため、戦後のメディアや社会の風潮に「社会主義的発想」が残存してしまった。
日本国民は今だにその洗脳から抜け出せないでいる。』


コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く -
コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く -

この「コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く」の内容がよく分かる、カスタマーレヴューを紹介します。
『戦前、アメリカにおいて反日宣伝を繰り広げたのは、蒋介石率いる中国国民党だったが、その背後でアメリカの世論を反日へと誘導したのは、アメリカ共産党などコミンテルンのスパイたちであった。著者は、日本は大東亜戦争においてアメリカと戦ったのだが、正確に言えば、「コミンテルンのスパイたちに操られたルーズヴェルト民主党政権と戦った」と言い直すべきだし、その観点から昭和史を見直していくべきであるとしている。そして、戦前のコミンテルンとルーズヴェルト民主党政権による日本敵視政策は、決して過去の問題ではない。この日本敵視政策によって生み出された理論と人脈が戦後も欧米や中国・韓国を含むアジア諸国の対日政策に影響を与え、現在の反日国際ネットワークを生み出したのであるとする。

1931年当時、米国において、「反日親中」政策を誘導したシンクタンクの一つが太平洋問題調査会であり、その論調を主導したのが、中国大陸での戦争は、日本自体が明治維新後一貫して専制的な軍国主義であったためと主張する、共産党秘密党員であったノーマンであった。終戦後、ノーマンの理論は、GHQにより日本弱体化占領政策に反映されて行く。また、1937年当時の国民党や宣教師による反日宣伝、中国及び米国での反日宣伝の連携組織があったことを明確にしている。

一方、世界には、東京裁判史観を批判する親日国際ネットワークが存在する。米国においても、ルーズヴェルトの親中反日政策に反対する勢力があった。日本は、戦争において、アジアを支配していた欧米の支配を排除し、アジアの指導者は次々と独立宣言をした。しかし、日本が敗戦すると、アジア諸国は、連合国によって、再度、侵略された。

これは、ソ連共産主義勢力や欧米植民地政策の侵略に対する「楯」となっていた日本軍がいなくなったためである。オランダは、インドネシアからの撤退に際して、300年の侵略植民政策に対して謝罪するどころか、逆に、補償金を要求し、インドネシアはこれを支払ったのである。

戦前の真実を深く理解するには、当時、書かれた書籍を読む必要があるが、この本により、戦前から戦後に至る日本を取り巻く反日と親日の外観構造が良く分かる。戦争原因を知るには、良い本である。』
posted by bhycom2 at 23:30| 東京 ☁| 国際政治 | 更新情報をチェックする

日本国憲法前文

今回書く記事は、長く書くブログ「思うように資金調達ができない方へ」の昨日の記事ですが、とても重要な話なので、当ブログでも転載し、さらにこの記事に肉付けしたいと思います。

昨日の記事です。
『「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
これは日本国憲法の前文の一部です。
これを少し具体的に書き直します。
「平和を愛する米国や中国やロシアなど諸外国の公正と信義に信頼して、我ら日本の安全と生存を保持しようと決意した。」
今日はうだうだ書きません。
米国や中国やロシアが平和を愛する!!!!
ブラックジョークです。
このブラックジョークを大前提として、日本の安全と生存を保持する???
どういう意味なんでしょうか?????

日本の安全と生存の保持は、外国の人たちは公正と信義があるはずだと信じることによって守ろう!
つまり、外国の人たちが襲ってくるなんてあり得ないし、自然災害とかがあったら外国の人たちが助けてくれる、っていうことを信じることにしたよ!との解釈をヤフー見つけました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1286579212

信じる者は救われる!!!!
馬鹿馬鹿しくてへそが茶を沸かします。
これは戦勝国の米国たちに都合の良い憲法。
とても自立した国の憲法ではありません。
だからこそ、どこかが世論誘導のために、強い力と巨額の資金を使い、日本人の中にも協力者、いわばスパイ活動している人間に憲法改正反対!!!!
平和憲法維持なんて、バカなことを言わせているのです。
この憲法があったから戦争に巻き込まれなかった。
それは東西冷戦構造の下でこそ成立したイリュージョンです。
こんな分かり切った馬鹿げた憲法論争なんてクソ喰らえ!
諸外国のスパイに気を付けましょう。』


日本はまだ自立していません。
いや、絶対に自立させてはいけないと、アメリカ政府さえ管理下に置く、ウォールストリートなどにいる金融資本家を頂点とした本当に一部の権力者たちは思っています。
そもそも、大東亜戦争だって、この権力者たちがシナリオを書いて日本を戦争に巻き込み、二度と日本が権力者の都合に逆らうような国にならないようにするための謀略だったのです。
この辺りは次の本が非常に参考になります。
戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」―二段階革命理論と憲法 -
戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」―二段階革命理論と憲法 -

このように日本を二度と世界の強豪国にしないよう、日本を内政から封じ込めようとしたのが、現在の日本国憲法です。
だから、その前文に書かれている『「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」をこのような観点から考えれば当然で、要は日本が自立しないようにコントロールするためのツールに日本国憲法は過ぎず、それ以上のものではありません。
よくスパイとしか思えない左翼が言う、日本国憲法は平和憲法で、戦争を放棄しているから日本は戦争に巻き込まれなかったなどと言うのは詭弁であって、日本が二度と栄えて強い国にならないようにさせられているのに、何をバカなことを言っているのかと思わざるを得ません。
そして、たまたま、東西冷戦構造の下、日本はこのバランスの中で、アメリカの傘の下にいることで、アメリカの属国として守られてきたから、邪な外国からの安全保障上の脅威がなかっただけです。
ところが、今でも、アメリカの権力者たちは変わらず権力を持つものの、アメリカの国自体は弱体化しました。
これもアメリカの権力者たちに富を吸い取られたわけで、最大の犠牲者はアメリカ国民です。
つまり、権力者からすればアメリカが強い国である必要がなくなり、それこそ今度は中国で儲けようとしているのが現状です。
だから、現在の日本は1990年ころまでのアメリカの傘の下にいれば安心と言う状況ではなくなっているのです。
その証拠が、中国からの極めて危険な安全保障上の脅威です。
マジで、今秋の沖縄選挙知事選で現沖縄市長の候補が当選したら、中国人民解放軍の基地さえ作りかねないぐらい中国の沖縄を実効支配する懸念は現実化しています。
この流れは日本全国をも実効支配につながるかもしれない非常に危険な流れです。
こんな時、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」なんて馬鹿なことを書かれている憲法を守ろうとする人間の頭の構造が理解できないのです。
自民党でさえ、7〜8割は、表に出ない世界権力者の言うとおりに動くスパイに近い存在と言われている今、もはや手遅れかもしれないけれど、軍事的脅威は自国で守れるような憲法の整備できない現状は非常にやばい状況です。
こんなやばい日本国憲法が今まで改正されたなかった現状は、いかに世界の権力者の日本に対する戦後処理が上手かったかということを表しています。
現在、日本をめぐる周辺諸国の状況を見れば、こんな日本国憲法の改正に反対する人間は、無知か確信犯的な権力者のエージェントか手先です。
これらのやばい勢力が日本にいかに多いか、本当に驚きます。
本質的な議論を謀略史観だと批判して誤魔化す。
実にうまいものだと感心します。
こんなことに騙されない日本国民が一人でも増えることを祈る気持ちです。
posted by bhycom2 at 02:37| 東京 ☁| 政治 | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

香川 ドルトムント復帰

やっと香川にフィットした環境が戻るかもしれません。
名門か何か知らないけれど、弱いマンUなんてクソ喰らえ!
マジで香川は移籍するべきです。
マンUなんか弱いだけでなく、評価しない監督下、我慢して在籍しても良いことがあるわけありません。
ファンファールは名将かもしれないけれど、香川を評価しない監督など、早く見限って移籍するべきです。
もちろん、ドルトムントに移籍したからと言って、レギュラーになれるかどうか100%の保証などありません。
でも評価してくれる監督クロップがいるだけでも、さらにドルトムントはけが人が多いから、香川にとってみれば少なくとも挑戦できる環境が戻るのはとても大きいと思います。
そもそもマンUは日本の野球で言えば巨人みたいな感じで、昔から大嫌いなチームです。
だから香川が入る前、CLなどでバロセロナに大負けした時など、万歳と思ったぐらいですから、早く元のマンUを応援しなくても良いように香川には、私の精神衛生上も早く移籍が決まればいいと思っています。
マンUはディフェンスが弱いのに、攻撃的選手ばかり入れる阿呆なチームです。
ファーガソンは、マンUがCLでバロセロナに歴史的敗退をしたことを見て、もう少し頭のいい芸あるサッカーをしようと考え、その一員として香川を入れたはずなのに、使い切れずおかしなポジションで香川を使って優勝はしたものの、一本調子のサッカーは変わりませんでした。
その後、大嫌いなモイーズのおかげで、香川も潰れたけれど、マンUもリーグ7位とぶっ潰れました。
ファンファールはもう少しましかと思ったけど、香川を香川本来のポジションで使わず、テメーの感性に合わないだって!
こんなくそバカ監督の、弱いぶっ潰れた名門チームなんてクソ喰らえです。
早く本当に香川のドルトムントへの移籍が決まるように祈る気持ちです。
香川が退団したら、多くの日本企業もスポンサーを降りればいい。
とにかく、またやっと大嫌いなマンUを応援しなくてもいいだけうれしくなります。
マンチェスターユナイテッドなんて負け続けろと心から思います。
そして香川にはもっと楽しくサッカーをやる環境が必要です。
マンUの香川って、苦しい顔しか記憶がありません。
100%の笑顔が多い香川に戻ってほしいと思います。
posted by bhycom2 at 01:21| 東京 ☁| スポーツ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。