2014年08月28日

財政危機マニアの財務省

三橋貴明氏のメルマガの記事を転載します。
日銀の国債保有高をカウントした国債発行額の大きさをもって、財政危機ということがおかしいというのは、左翼の植草一秀でさえ言っていることです。
財務省のばかげたインチキ世論誘導を再確認したいと思います。

財務省は「国の借金」​とやらから201兆円​差し引け
改めて、日本銀行の通貨発行の仕組みを解説。
日本銀行は銀行から国債を買い取り、日銀当座預金の残高を増やす形で代金を支払います。(もしくは、現金を発行する)これが通貨発行です。
 通貨が発行された結果、政府の借用証書である「国債」が、銀行から日銀へと渡ります。
 結果的に、政府は銀行ではなく日本銀行からお金を借りた形になります。
 日本銀行は、日本政府の子会社です。日本銀行の株式の55%は日本政府に保有されています。
 これは民間企業でも同じですが、子会社と親会社間のお金の貸し借り(利払いも)は、連結決算で相殺されてしまいます。すなわち、
「自分が自分にお金を貸した」
 こととなり、返済や利払いをする必要がなくなるのです(別にやってもいいですが、やらなくても構わない)。

 現在、アベノミクス第一の矢「金融政策」ということで、日本銀行が量的緩和を拡大中です。すなわち、銀行から国債を買い取り、新たな日本円を発行しています。この日本円が日銀当座預金に積み上がってしまっている問題は、前日触れたとおり。

 さて、日銀の国債買取は今も続いており、ついに日本銀行が国債の最大保有者になりました。無論、これまでも一機関としては最大の保有者だったのですが、業態としてもトップの座に躍り出たのです。

『日銀が最大の国債保有者に 大規模緩和で保険会社抜く
http://www.asahi.com/articles/ASG6L4TPDG6LULFA01F.html
 日本銀行が18日発表した1〜3月の資金循環統計(速報)によると、日銀がもつ国債の残高は3月末で201兆円となり、昨年3月末より57・2%増えた。国債全体に占める日銀の保有残高の割合は20・1%で、保険会社を抜いて初めて最大の保有者となった。
 日銀の保有残高が急増したのは、昨年4月から始めた大規模な「金融緩和」で市場に大量のお金を流すために、満期が長い「長期国債」を金融機関から毎月6兆〜8兆円買っているからだ。今年末には長期国債の保有残高が190兆円と、2012年末(89兆円)の2倍になる。満期が短い短期国債も含めた国債保有残高はさらに増える。
 日銀以外では、保険会社が計193兆円で、昨年3月末から0・3%増と横ばいだった。銀行は18・1%減の計130兆円だった。(後略)』

 繰り返しますが、日本銀行が国債を保有した場合、政府は借金を返済する必要も、利払いをする必要もなくなります。一応、政府は日本銀行が保有する国債に対し、律儀に金利を支払っていますが、日銀の決算終了後に「国庫納付金」として返還されています。

 というわけで、日銀の国債保有が量的緩和で増えている以上、現在は政府の借金が実質的に減り続けているというのが真実なのです。それにも関わらず、財務省やマスコミは相変わらず、
「国の借金1000兆円突破! 間もなく破綻!」
 といった論調で国民を煽り、悲壮感をまき散らし、経済成長やデフレ脱却の妨害をしています。

 面白いことに、いわゆる「国の借金」(正しくは「政府の負債」)問題を論じる際に、破綻論を叫ぶ人に、
「日本銀行が国債を買い取ったら、終わりでしょ」
 と突っ込むと、ポカ〜ンとするか、もしくは沈黙します。要するに、「通貨」「自国通貨建て国債」について真剣に考えてこなかったか、もしくはすべてを理解した上で破綻論を叫んでいるのでしょう。

 以前であれば、「日銀が国債を買えば」という主張に対して、
「そんなことをすると、はいぱ〜いんふれ〜しょんになるっ!」
 といった、面白い反論を見かけることができたのですが、最近へ消滅しました。何しろ、日銀が毎月7兆円前後の国債を買い取り、日本円の通貨を発行しているにも関わらず、物価上昇率はゼロから上に少し頭を出した程度なのです。

 要するに、デフレ期の金融政策はインフレ期とは異なる。ただ、これだけの話なのですが、財務省は相も変わらず「自国通貨建て国債」の残高「のみ」を騒ぎ立て、正しい経済政策が推進されることを妨害しています。政府(というか、まさに財務省)の子会社である日本銀行の国債保有残高が201兆円に達した以上、当然ながら財務省は「国の借金(政府の負債)」から日銀保有分を差し引くか、もしくは「説明」をしなければならないはずです。

 例えば、
「政府の負債が1000兆円を超えましたが、日本銀行が保有する分が200兆円に達し、返済が必要な実質的な負債は減少しています」
 と。

 説明すら一切しないわけですから、財務省の目的は「国民を豊かにする経世済民」ではなく、破綻論を煽り、増税や政府支出削減を実施することであると断定せざるを得ないのです。


こんなばかげた話は国債の問題だけではありません。

増税や公共投資が、財政や景気にどのような影響を与えるかを判断するための経済モデルを、IMFの需要が極めて小さい、要は乗数効果が極めて小さい、発展途上国向けの経済モデルに、わざわざ以前のまっとうな経済企画庁モデルを変えてまでして、次のような主張をするのです。

「増税は景気の足をそれほど引っ張らないし。」
「公共投資はそれほど景気浮揚の効果はない。」  

ばかばかしくていやになります。

非常に参考になる宍戸俊太郎氏の動画をご覧ください。
財務省が画策する経済政策がいかに馬鹿馬鹿しいほどひどいか分かります。
















posted by bhycom2 at 23:14| 東京 🌁| 経済 | 更新情報をチェックする

心配な香川真司

香川真司のファンとしては心配な状況になっています。
夏の移籍市場は8月末で閉まりますが、今のままマンUに残っても昨年の二の舞になる可能性が高く、マジに移籍が実現しないと香川の選手生命は終わってしまうのではないかと危惧します。
そもそも、香川はドルトムントから移籍したわけですが、マンUに移籍してから良いことがあったのかと考えれば、1年目のファーガソンの時も、本来香川が生きる使われ方をしていたかと考えればはなはだ疑問です。
ハットトリックはあったけれど、まあなんとか存在感があったぐらいの感じでした。
そして、ファーガソンから、あのモイーズに代わってから暗転します。
現在のファンファールにしても、自分の哲学に合わないなんて言ってるけれど、マンU自体大したことがない現状を考えれば、我慢しないで新天地に移籍した方が絶対に良いと思うけれど、香川が頑固なのか、実際はいろんな噂は出るけれど、移籍金がけっこう高いから、実際はオファーがないのかと本当にファンとしては心配してしまいます。
本当にオファーがあれば、AマドリッドはマンUよりずっと強いチームです。
スペインリーグの王者で、あのバロセロナやRマドリッドを差し置いて優勝しているのだから、香川だって行くんじゃないかと思います。
ドルトムントだって、現状ならマンUよりずっと強いチーム。
いくらレギュラーを出場させなかったからと言って、3部のチームに4−0で負けるマンUは腐っているとしか思えません。
ブンデスリーガでいつも上位にいて、チャンピオンリーグの常連チームのドルトムントなら、本当にオファーがあれば香川だって移籍に文句はないはず。
結局は今噂になっているトルコリーグのベシクタシュなんて私のようなど素人からしたらどんなチームか不明。
調べたら有力チームみたいだけれど、こんなところがうわさになるようじゃ、マジで良いところからのオファーがないのかもと心配してしまいます。
うわさになった移籍先は次のようなものです。

・アトレティコ・マドリード
(チチャリートと一緒に獲得?)
・ユベントス
(ビダルとトレード?)
・ドルトムント
(レンタル移籍?)
・ベシクタシュ(トルコ)
(代理人がトルコ入りしたとの報道も?)
・バレンシア ←今ここ
(スペイン紙が報道)

香川とマンUと相性が良くなさそうです。
どこでもいいから移籍してほしいですね。
このままじゃ日本代表でも居場所がなくなりそう。
今日は日本代表の発表の日ですが、香川は選ばれているのか心配になってくるぐらい香川の現状はやばい!
もうマンUの選手であることなんかにこだわっている場合ではないと思います。
頑張れ香川!と思うけれど試合に出れない訳ですから頑張りようがないですよね。
posted by bhycom2 at 01:55| 東京 ☁| スポーツ | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

阪神タイガース 和田迷監督では優勝できない

阪神タイガース! でも監督が・・・・で、和田が監督では優勝はないと嘆きました。
またまた、迷監督が迷采配をして、巨人との直接対決を、せっかくあった流れを巨人に渡して、その結果九回逆転負けをしてくれました。
今日は本当はマレーシア機を撃墜したのは、本当はウクライナだという論旨の記事を書こうと思っていたのですが、あまりに悔しく、情けない負け方をしてくれたので書きます。
 
3対0で勝っていたのに、好投していたメッセンジャーは阿部に2ランを打たれて1点差で迎えた8回裏、巨人の攻撃では、橋本が打った右中間のあたりを、この回から新井良太に代わってライト守備についた福留が超ファインプレーをして0におさえ事なきを得ます。
ここは和田の采配は名采配です。
そして9回表、マートン、今成倒れて2アウトから、その福留がヒットを打ち1塁に出ます。
1点差だから、いくら呉 昇桓がしっかりしていても、阿部からの打順だから、少なくとも流れは渡したくない局面です。
流れを呼び込んだ福留がヒットを打ち2アウトとは言え、ここは攻めたいところです。
次のバッターは梅野。
梅野は新人とはいえホームランも7本打ち確かに打撃は悪くない。
でも、打率は2割そこそこ、できれば杉内が先発だったから出場していない伊藤隼を、あるいは関本、あるいは新井貴が残っているのだから、ここは結果が0になったとしても、攻めたいところです。
ところが、和田は梅野にそのまま打たせます。
そうか!梅野のキャッチングを買って九回に備えたのかと思いました。
結果は梅野は凡打で、1点差で9回を迎えます。
マートンに代わって俊介。
ここまでは分かります。
なんと、梅野をここで鶴岡に代えたのです。
じゃ、なんで梅野に打たしたのか?????????????
さすがの呉 昇桓も阿部に2塁打を打たれノーアウト2塁で、いつものように巨人は走塁のスペシャリスト鈴木尚広に代わります。
嫌な予感は当たるもので、ここで呉 昇桓はワンバウンドのワイルドピッチ。
鶴岡は決して嫌いいじゃないけれど、ワイルドピッチを止めることが下手くそなことが原因で、中畑から久保の人的補償で外れて阪神に移籍したきた捕手です。
実際、梅野よりも経験はあるけど、肩は弱く何よりも後逸王。
やはり後逸王と言われるぐらいあって、この日も見事に後逸して、9回ノーアウト3塁、しかも3塁ランナーは鈴木尚広。
もう結果は見えました。
案の定、9回逆転負け。
あーあー、今日で阪神の優勝はなくなったと確信しました。
なんで、梅野にそのまま打たせたのか?
最近確かに、梅野を鶴岡に最終回を任せるような采配は多かったけれど、後逸王の鶴岡に代えるんなら、なんで梅野を伊藤隼や関本に代打しなかったのか?
本当に和田は何を考えているのか理解不能です。
和田自体は嫌いではないけれど、和田が監督している中は阪神の優勝はないとまた確信した夜になりました。
posted by bhycom2 at 01:23| 東京 ☁| 野球 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。