2014年08月06日

STAP細胞の笹井副センター長が自殺

そもそもこの問題の本質が分かりません。
まずSTAP細胞が本当はどのようなものなのか?
小保方の論文の何が問題なのか?
何を持っていんちき論文だと言えるのか?などなど、分かっているようで、実態が分かりにくい事件だと思っていましたが、世界的にも権威の笹井副センター長が自殺したとなると、ますます分かりにくく、本当に自殺なのかという疑問が出てきます。
ロッキード事件におけるもろもろの自殺、りそな銀行公認会計士自殺、あおぞら銀行初代社長自殺など、真相が分かっている人物の自殺事件の数はものすごい数です。
すこし調べてみると忘れている事件も含めていっぱいあります。

・りそな関係 
平田公認会計士 りそな銀行を監査中に自殺
鈴木 啓一 朝日新聞記者 政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺

・郵政関係
石井 誠 読売新聞政治部記者 郵政問題の記事を書いていたが総連の隣のマンションで事故死
 
・ライブドア関係
野口 英昭 証券マンで、ライブドアの匿名投資組合に関する入れ知恵した人物
沖縄のホテルで受付に助けを呼びつつも割腹自殺
 
・耐震偽装関係
森田 設計士 木村建設/総研/ヒューザーの耐震偽装問題が浮上する直前に自殺
姉歯建築士の妻 姉歯が失踪し「消されたか?」と囁かれだした直後、突然自殺 
その後姉歯が姿を現し、逮捕される
斎賀 孝治 朝日新聞デスク 耐震偽装問題を調べていて自殺
 
・松岡利勝前農林水大臣 自殺
  
・元西松建設専務 死亡
長野知事の元秘書(西松建設事件での参考人) 死亡 (電柱にロープを巻きつけ首吊りする不自然な自殺)

・記者 吉岡元議員「小沢一郎氏と秘書と、ダム工事のただならぬ関係」を追及してきた記者 旅先ソウルで死亡
 
・鳩山秘書2人行方不明。秘書の家族も行方不明に。
税理士花田順正 鳩山の会計監査人、故人献金を最も知り尽くしたが心不全で死亡

・宮内庁式部長官 天皇陛下の韓国御幸に反対したが登山中に死亡
 
・中川元財務大臣 核武装議論発言など特アに嫌われるタカ派議員であったが自宅で死亡。

ご興味ある方は次のサイトをご覧ください。
STAP論文問題について多くのメディアが触れない「不可解なカネの動き」 | 日刊読むラジオ
posted by bhycom2 at 03:45| 東京 ☀| 社会 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。