2014年08月25日

だから中国は日本の農地を買いにやって来る

世界中の国が受けている、中国の現実的な脅威を知るうえで、興味深い本を見つけました。
次の「だから中国は日本の農地を買いにやって来る」と言う本です。

だから中国は日本の農地を買いにやって来る TPPのためのレポート -
だから中国は日本の農地を買いにやって来る TPPのためのレポート -
 
この本についての夕刊フジの記事を転載します。

『ビジネスを“隠れみの”にした、中国の世界侵略の実態を暴いた『だから中国は日本の農地を買いにやって来る TPPのためのレポート』が注目されている。読者は北米やアジア、欧州・北極圏だけでなく、日本までもが、すでに中国の手中に落ちているという現実を目の当たりにし、戦慄する。著者のノンフィクション作家、河添恵子氏に、日本人の目の前に迫る危機について聞いた。 (文・福田哲士 写真・大山実)

 ──産経新聞出版から出した『中国人の世界乗っ取り計画』(2010年)、『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(11年)に続く3冊目で、自身の中国報道の集大成ですが

 「これまで世界中を取材し、至るところでその地を乗っ取っていく中国人を目の当たりにしてきました。中国共産党の目標は、中華思想で世界のルールを塗り替えることですが、資源や先端技術の奪取など、あの手この手で世界侵略を進めてきました。危険だからこそ、書籍で警告してきました」

 ──具体的には、中国はどのように世界を侵略しているのでしょうか

 「例えば、米国最大手の豚肉生産企業のスミスフィールド・フーズ社が中国企業に買収されました。米国産の名を借りた、中国系企業の豚肉が日本に輸入されるわけです。チャイナフリーのつもりでも、今後はTPP加盟国の国籍に“化けた”中国系企業の食料品がいろいろと入ってくるかもしれません」

 ──強硬な対外拡張路線でアジア各国と対立を深めた中国は、世界から孤立しているのではないですか

 「アメリカ側からみると、孤立しているようにみえますが、実は違う。英国のエリザベス女王が、国家元首でもない李克強首相とあえて会見したように、中国はEU主要国で経済的に大きなウェイトを占めています。孤立どころか、最重要国の一つです」

──これからの中国はどこを狙ってくるのでしょうか

 「中国は金銭外交で、アフリカ諸国を“植民地化”しています。習近平国家主席が最近、アルゼンチンやキューバを訪問したことでも分かるように、中国共産党の狙いは反米国家を取り込むこと。アメリカと日米安保が、習政権の“敵”だからです」

 ──中国に対して、今後、日本はどう対処すればいいのでしょうか

 「北海道や九州など、全国各地の広大な土地が中国資本に買い占められています。この本でも、その実例を示しています。一部の方々とはいえ、ようやく危機感を抱き始めていますが、国や地方行政の対策が後手後手に回っていることが問題なのです。さらに移民の受け入れに舵を切れば、国内に“中国自治区”が点在していきます。日本が中国との距離を置き、経済的にも軍事的にも強くなることが、中国の野望から身を守る唯一の方法だと考えます」

 ──読者へメッセージをお願いします

 「講演で地方に行くことも多いのですが、私の話を聞きにきてくれる方々は、すでに危機感を抱いている人たちなのです。それでも、中国の狙いを知って、驚かれる人も多いぐらい。まずは、この本を読んで、その実情を少しでも知っていただければと思います。決して自分たちの街は安心だなどと思わないでください。これは日本全体が直面している危機なのです」

 ■あらすじ 中国が、ビジネスの名を借りて、資源や土地など世界のすべてを手中に収めようとしている実態を、現地取材などから詳細にリポート。日本各地で進む太陽光発電の施設建設を装った土地の買い占めや、グリーンランドの鉱物資源を狙ったデンマークの経済的支配など、知らぬ間に実質的な“中国自治区”と化していく様子は、背筋が寒くなるほどの恐ろしさだ。』

少し中国とアメリカとの関係では著者と意見は違いますが、日本各地で進む太陽光発電の施設建設を装った土地の買い占め問題は、私の身近なところでもある現象で、ものすごくリアルな危機感を感じます。
経済的には破綻する可能性が高い中国ですが、それでも中国の現実的脅威は日本にとっても大きなリスクであることに違いはありません。
ひょっとすると世界中の国々のリスクであるかもしれません。
中央は安倍が対中国問題では正しい認識をもっているからまだしも、土地買占めに対応するには地方自治体では、まさに後手後手に回って背筋が凍る思いがします。
法整備必要です。
ぜひご一読を。
posted by bhycom2 at 20:28| 東京 ☁| 国際 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。