2014年09月06日

日本国憲法前文

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
これは日本国憲法の前文の一部です。

これを少し具体的に書き直します。
「平和を愛する米国や中国やロシアなど諸外国の公正と信義に信頼して、我ら日本の安全と生存を保持しようと決意した。」
あまりのひどさやばさに驚きます。

米国や中国やロシアが平和を愛する!!!!
まさにブラックジョークです。

このブラックジョークを大前提として、日本の安全と生存を保持する???
どういう意味なんでしょうか?????

日本の安全と生存の保持は、外国の人たちは公正と信義があるはずだと信じることによって守ろう!
つまり、外国の人たちが襲ってくるなんてあり得ないし、自然災害とかがあったら外国の人たちが助けてくれる、っていうことを信じることにしたよ!との解釈をヤフー見つけました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1286579212

信じる者は救われる!!!!
馬鹿馬鹿しくてへそが茶を沸かします。
これは戦勝国の米国たちに都合の良い憲法。
とても自立した国の憲法ではありません。

だからこそ、どこかが世論誘導のために、強い力と巨額の資金を使い、日本人の中にも協力者、いわばスパイ活動している人間に憲法改正反対!!!!
平和憲法維持なんて、バカなことを言わせているのです。

この憲法があったから戦争に巻き込まれなかった。
それは東西冷戦構造の下でこそ成立したイリュージョンです。
こんな分かり切った馬鹿げた憲法論争なんてクソ喰らえ!
posted by bhycom2 at 02:17| 東京 ☁| 政治社会 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。