2014年09月08日

錦織圭

学生時代テニスをやっていた私からすれば、錦織圭はありえないことをやったと称賛する以外の言葉が見つかりません。
日本のスポーツ選手の中でも一番偉大な選手になったと言っても過言ではありません。
昔、私の周りにもテニスの才能がある少年がいて、何人もの少年がアメリカのテニスアカデミーに留学しました。
また、プロのアメリカのテニスプレイヤーにも知り合いがいました。
実際プレイをしたことがありますが、めちゃくちゃ上手かった。
でも、みんな大きな大会に出ることもできないのが現実で、プロが出場できるトーナメントでも、予選は自分たちで審判するような大会もありました。
テニスは本当にすそ野が広く、個人競技ですから、監督や仲間との相性なんて逃げる道がなく、結果がもろに出る残酷な競技でもあります。
そもそも、男子プロテニスツアーは次のようになっています。

1.グランドスラム
2.ATPワールドツアー・ファイナル
3.マスターズ1000
4.500シリーズ(旧インターナショナルシリーズゴールド)
5.250シリーズ(旧インターナショナルシリーズ)
6.ATPチャレンジャーツアー
7.フューチャーズシリーズ

マスターズ1000まではほぼグランドスラム同様の選手がフルで出場します。
有明で10月に開催されるジャパンオープンは500シリーズです。
250シリーズに出るのも大変。
500ともなれば相当な実績を積まないと出場さえかないません。
錦織圭は500シリーズにふつうに出場し優勝もして現在世界ランキング11位。
これだけでも、すごいことですが、今回勝った1位のジョコビッチ、フェデラー、ナダル、マレーをビッグ4と呼び、このビッグ4の強さは異常なレベルで、このビッグ4はじめ世界ランキングの上位選手が全員出場するグランドスラムで優勝するなんて常人には考え付かぬことです。
今回の全米オープンの優勝賞金が300万ドルであることを見ても、その価値は分かるし、テニス選手全員が目指す大会なのです。
まだ、優勝したわけではありませんが、全米でベスト2だけでもものすごいことだと思います。
けがさえなければ、きっとビッグ4を常に脅かす存在になると思います。
キカイダーみたいな化け物が多い男子ツアーで、錦織圭の体格で上位のツアーに参加するだけでもすごいのに、化け物を押しのけて世界ランキング8位以内を確定し、全米のファイナルに出場なんて、快挙以外の何物でもありません。
称賛する言葉が思いつかないぐらいすごいことをした錦織圭にグッドラック!!
今後の成功を祈ります。
posted by bhycom2 at 03:07| 東京 ☁| スポーツ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。