2014年10月02日

太陽光バブル崩壊

誤解を恐れずに言えば太陽光バブル崩壊は大歓迎です。
猫も杓子も、ただ儲かるからという理由だけで、本来の事業を忘れて投資した投資家たち。
そもそも、太陽光などの再生エネルギーの買取制度が始まった動機が不純でした。
3・11が起きて誰もが脱原発をしなければならないと思ったとき、この気持ちをうまく利用されて、一部の会社や富裕層の儲けのために、一気に法整備されてブームになったのが太陽光売電事業でした。
中には、中国や韓国の投資かもいて、まさに違和感いっぱいの状況でした。


そのような中、次の記事をごらんください。
東北など5電力、再生エネの契約中断 送電線の能力不足
太陽光など再生可能エネルギーの普及が壁にぶつかっている。北海道、東北、四国、九州、沖縄の5電力は30日までに、再生エネを固定価格で買い取る契約を中断することを決めた。送電線の能力が足りず、買い取りをこれ以上増やすと停電などのトラブルを起こす心配があるためで、経済産業省も対策に乗り出した。
 政府は、水力を含む再生エネの割合を、今の約1割から少なくとも2割を超える水準まで増やす目標を掲げる。固定価格買い取り制度(FIT)に基づき、事業者が利益を得やすい価格で電気を買っており、太陽光の申請が急増していた。
 北海道、東北、四国の3社は30日の経産省の新エネルギー小委員会で、10月1日から新たな契約を当面中断すると発表。沖縄は8月上旬から、九州は9月25日から中断している。沖縄を除く4社は、一般家庭が余った電気を売る分については、引き続き買い取る。




FIT事業に群がる金の亡者たち、ざまー見ろ!が私の忌憚ない本音です。
posted by bhycom2 at 01:49| 東京 ☁| 政治社会 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。