2014年11月09日

日本から懇願するな日中首脳会談

外務大臣の岸田はもともと、古賀が後ろ盾の親中の政治家と思っていましたが、安倍とは信頼関係があって、核武装を検討すべきではないと言う点以外は、思ったよりもまともな保守政治家です。
今日たまたまテレビを見てたら、日本テレビでしたが、岸田が日中首脳会談に積極的な発言しているところが映され、それに対して中国の王毅外務大臣はまだ日本の歴史認識がどうのこうのと言っていると報じていました。
もういい加減にこんなバカな報道はやめろと思いました。
この報道だと、日本の誤った自虐史観を当然のこととしてとらえた延長上の話で、そもそもこの自虐史観自体変えるのが今の日本の最大の政治課題なのに、もういい加減にしろと感じました。
今回の首脳会談は、そもそも北京で開かれるAPECを成功させたい中国の思惑で開催の方向にきているのに、そんな自虐史観を肯定しなくてはいけないのなら首脳会談など開く必要はないと思います。
確かに、日本が首脳会談の開催に拒否の姿勢と言うのは、これまた世界に誤った日本にとって良くないメッセージを発信してしまうから宜しくはありません。
でもここで、誤った戦後レジームの歴史認識を認めないと首脳会談を開けないのであれば、首脳会談など開くべきではないと、私は思います。
posted by bhycom2 at 02:06| 東京 ☁| 国際政治 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。