2014年11月11日

“無表情・無言”の習主席

習主席が日中首脳会談でどんな対応は興味があったのでテレビの報道番組をめずらしく観ました。
予想した通り鉄仮面。
習主席、中国国内を十分に統治できていないなと直感しました。
この習主席は国外国内を問わずケンカを売りまくる、自滅志向者ですが、けっこう追いつめられているんじゃないかと感じました。
写真撮影がない時の表情は分かりませんが、今の置かれた立場を言えば、鉄仮面を貫くほど中国の立場は強くありません。
それなりの対応をしたら、習主席の置かれた立場は強固かと思いましたが、この無愛想、無表情、無言は、置かれた立場が弱いことを示していると思います。
関連記事を転載します。
親中左翼売国テレビであるテレビ朝日の報道ですが、常識的ですがまともなことが書かれています。

安倍総理のあいさつに“無表情・無言”の習主席
安倍総理大臣と対面した際の習近平国家主席の対応には、中国側のどのような狙いがあるのでしょうか。

 (山本志門記者報告)
 出迎えた際の習主席の固い表情は、結局、日中関係の改善が中国側にとって大きなリスクがあるということを物語っています。今回、出迎えの際にはカメラが入りましたが、会談自体の撮影は許可されませんでした。できる限り2人が会う映像は出したくないという中国側の思惑も透けて見えます。背景には、安倍総理が中国敵視の政策を取っているという「強い不信感」があるためです。会談で習主席は、安倍総理の歴史認識を巡り、「中国13億人の国民感情の問題だ」と強調するなど、これまでもメディアを使って安倍政権への警戒心をあおる報道を繰り返し続けています。今回、手のひらを返すように笑顔で握手することは、これまで国内向けにしてきた世論操作とは大きな矛盾が生じてしまうわけです。また、仮に今後、安倍総理に「はしごを外された」場合、責任が習主席に跳ね返ってくる点を強く恐れていることもあります。今後、日中関係は雪解けムードに向かっていくのか。両首脳の思いには、なお温度差があります。.
posted by bhycom2 at 02:45| 東京 ☁| 国際政治 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。