2014年12月16日

総選挙結果 次世代の党 大惨敗

あの忌まわしい民主党政権の3年半を経験してもまだ民主党に投票する人が自民党に投票した人の半分もあることに、正直驚きましたが、もっと驚いたのは、非常に期待し注目していた次世代の党の大惨敗です。
20議席から2議席になったのだから、もはや政党としての体はなさないばかりか解党的な大惨敗です。
解党的といったのは、次点のようなこともなく、ほとんどの候補者が当選ラインから遠く、最下位に近い得票数しか獲得できなかったことです。
有名な議員も総落選です。
石原慎太郎、中山 成彬、山田宏、中田 宏、三宅 博など
大惨敗の理由を分析した古谷経衡氏の記事をぜひごらんください。
総選挙「唯一の敗者」とは?「次世代の党」壊滅の意味とその分析


posted by bhycom2 at 01:13| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。