2014年12月29日

またマレーシアの飛行機が事故

エアアジアの航空機が消息を絶っています。
エアアジアといえばマレーシアの航空会社です。
ご存知のように航空会社は違いますが、マレーシア航空の未だ発見されていない消息不明事故、そしてウクライナ上空でミサイルに撃墜された事件は衝撃的でした。
オランダに拠点を置く「航空安全ネットワーク(Aviation Safety Network)」によると、死者を伴う事故の発生件数は減少傾向にあり、今回の事故までの2014年は皮肉にも航空史上最少の7件を記録したのみとなった。前年は15件だったそうです。
一方、航空事故で今年亡くなった人は、史上最低だった昨年の224人から急増し、762人となり、そのうち537人はマレーシア航空の2件の事故で、今回の事故で162人全員死亡したとすると699人がマレーシアの航空機で志望した事になります。
偶然かもしれませんが、昨年の航空機事故の死亡者の224人の3倍以上がマレーシアの航空機で死亡したことになります。
今回の事故の推移を追いかけてみたいと思います。
posted by bhycom2 at 00:55| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。