2014年08月27日

阪神タイガース 和田迷監督では優勝できない

阪神タイガース! でも監督が・・・・で、和田が監督では優勝はないと嘆きました。
またまた、迷監督が迷采配をして、巨人との直接対決を、せっかくあった流れを巨人に渡して、その結果九回逆転負けをしてくれました。
今日は本当はマレーシア機を撃墜したのは、本当はウクライナだという論旨の記事を書こうと思っていたのですが、あまりに悔しく、情けない負け方をしてくれたので書きます。
 
3対0で勝っていたのに、好投していたメッセンジャーは阿部に2ランを打たれて1点差で迎えた8回裏、巨人の攻撃では、橋本が打った右中間のあたりを、この回から新井良太に代わってライト守備についた福留が超ファインプレーをして0におさえ事なきを得ます。
ここは和田の采配は名采配です。
そして9回表、マートン、今成倒れて2アウトから、その福留がヒットを打ち1塁に出ます。
1点差だから、いくら呉 昇桓がしっかりしていても、阿部からの打順だから、少なくとも流れは渡したくない局面です。
流れを呼び込んだ福留がヒットを打ち2アウトとは言え、ここは攻めたいところです。
次のバッターは梅野。
梅野は新人とはいえホームランも7本打ち確かに打撃は悪くない。
でも、打率は2割そこそこ、できれば杉内が先発だったから出場していない伊藤隼を、あるいは関本、あるいは新井貴が残っているのだから、ここは結果が0になったとしても、攻めたいところです。
ところが、和田は梅野にそのまま打たせます。
そうか!梅野のキャッチングを買って九回に備えたのかと思いました。
結果は梅野は凡打で、1点差で9回を迎えます。
マートンに代わって俊介。
ここまでは分かります。
なんと、梅野をここで鶴岡に代えたのです。
じゃ、なんで梅野に打たしたのか?????????????
さすがの呉 昇桓も阿部に2塁打を打たれノーアウト2塁で、いつものように巨人は走塁のスペシャリスト鈴木尚広に代わります。
嫌な予感は当たるもので、ここで呉 昇桓はワンバウンドのワイルドピッチ。
鶴岡は決して嫌いいじゃないけれど、ワイルドピッチを止めることが下手くそなことが原因で、中畑から久保の人的補償で外れて阪神に移籍したきた捕手です。
実際、梅野よりも経験はあるけど、肩は弱く何よりも後逸王。
やはり後逸王と言われるぐらいあって、この日も見事に後逸して、9回ノーアウト3塁、しかも3塁ランナーは鈴木尚広。
もう結果は見えました。
案の定、9回逆転負け。
あーあー、今日で阪神の優勝はなくなったと確信しました。
なんで、梅野にそのまま打たせたのか?
最近確かに、梅野を鶴岡に最終回を任せるような采配は多かったけれど、後逸王の鶴岡に代えるんなら、なんで梅野を伊藤隼や関本に代打しなかったのか?
本当に和田は何を考えているのか理解不能です。
和田自体は嫌いではないけれど、和田が監督している中は阪神の優勝はないとまた確信した夜になりました。
posted by bhycom2 at 01:23| 東京 ☁| 野球 | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

阪神タイガース! でも監督が・・・・

巨人が昨年までの強さがなく、昨日の阪神・中日戦の悪運としか言いようのない勝ち方をされると、ついついタイガースファンとしては、ひょっとするんじゃないかと淡い期待をいただきます。
0.5ゲーム差なんて1日で順位が変わる状況だから、どうしても期待してしまいます。
でも、でも、阪神 和田迷監督 で書いたようなヤクルト戦の時の1点を取る執念のない采配があるから、この1勝は何が何でも上げるんだという執念を感じさせれる作戦がどうも和田監督は不得意なようで、これだから結局は最終的に2位になって、またCSで勝負弱くダメなんじゃないかと、普段は超前向きな私でも、こと阪神となると弱気になってしまいます。
 
この点ではやりすぎの感があるものの、すごい執念と思い切り良い采配をする原監督とは大違いです。
なぜ和田にはこのような素養がないのか?
でも、考えてみれば当たり前かもしれないと思いました。
だって、和田が現役時代の大半は万年最下位だった暗黒時代で、日本一になったことはあるけれど、翌年は3位、そして翌々年は最下位でした。
つまり和田監督の現役時代は、その大半はBクラスだったわけです。
それに引き替え、原監督はV9の時代ではないけれど、ほとんどがAクラス。
そりゃ、体に染みついた勝利への執念において、原>和田なのは仕方ないかもしれないと思います。
吉田で日本一になったときは、例の掛布・バース・岡田の3連発のように、勢いで勝ってしまった気がします。
そして星野の時は、少なくとも星野監督は中日で優勝経験があったし、現役時代も阪神よりは上位にいることが多かった。
岡田は星野の遺産、つまり金本や矢野など、選手自体に優勝経験があったから優勝できたのではないかと思います。
最近の阪神は、Bクラスの常連ではないけれど、毎年毎年、Aクラスのいることが多いけれど、でも、勝負弱いのが常態化しているように思います。
確かCSでの勝率はめちゃくちゃ低いです。
つまり、最近の阪神はお金もかけるし、いい選手が多く、戦力的には巨人には及ばないものの、他球団から見れば少なくとも去年のように広島に抵抗することなく敗れるような戦力ではないと思います。
つまり、勝つことへの執念のDNAが監督にもコーチにも、そして選手にないことが、優勝できない、あるいはCSでの勝率が低い原因ではないかと思います。
きっと和田はいい人なんだと思うけれど、もし今年も2位でCSも負けるようなことであれば、優勝できる監督とは思えないので、もう一度星野みたいに外部から常勝癖のある現役あるいは監督時代を過ごした人に監督を変えた方が良いのではないかと思います。
さらに5年後、10年後を考えた時、今の現役の選手も優勝経験があるのとないのとでは監督や指導者になったとき、まったく違うと思うから、勝癖がある人物を監督にしてみてはと思います。
私は原が巨人を辞めたら原だっていいと思うし、現実的に考えれば金本監督は良いんではないかと思います。
優勝も阪神で2回経験しているし、選手としても執念を感じる選手だったから良いと思いますね。
今年はチャンスだから優勝してほしいけれど、巨人との直接対決で、執念深い原に和田はやられるような気がしてなりません。
posted by bhycom2 at 03:15| 東京 ☀| 野球 | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

阿部の不振は私生活問題???

阪神ファンの私ですが、巨人のもともとファンですから、決して嫌いな球団ではありません。
今年の巨人は明らかに変です。
特に去年まですごかったリーリーフ陣の不調はひどいし、何よりもやばいのは、やはり去年まですごかった阿部の絶不調です。
・2012年:打率.340、本塁打27本、打点104(シーズンMVP)
・2013年:打率.296、本塁打32本、打点91
・2014年(8月5日現在):打率.251、本塁打10本、打点33

実際ここ数試合は阿部は捕手ではなく一塁を守り、新人の小林も良いから、このままいくと捕手でのレギュラーを失うかもしれません。
実際、捕手としても最近はよく点を取られ、阿部だけの責任ではないけれど、昨年までとは別人のような停滞ぶりです。

年齢か?故障か?と思ったら、サイトでは阿部離婚!などという記事が出ています。
ああ、あの宅急便の件ねと思い出しました。
ライブドアの記事から少し転載します。
  
『昨年夏、阿部は『週刊ポスト』(小学館)で、グラドルで女優の小泉麻耶と3日連続密会していることが報じられた。阿部・小泉双方は男女関係を否定したが、小泉は阿部の地方での試合をド派手なファッションで観戦していたので、関係者の間では2人の男女関係は有名だった。交際が発覚すれば関係を清算しそうなものだが、巨人から阿部に対しては、まったくおとがめなし。その後も、小泉との密会を繰り返し“夜のバット”は好調だが、体調を管理できず、どんどん太り、日本シリーズではまったくバットから快音が聞かれなかった。まだまだ交際が続いているようで、阿部の妻は義母との不仲もあって、離婚する決意を固めているという話も。阿部には子どもが3人いるが、年俸6億円(推定)となると、かなり高額の慰謝料と養育費を取られることになるだろう。そのことで頭を悩ませていて、プレーに集中できないようだ』

昨年ばれた時は成績もよかったから、小泉麻耶はあげまんと言われたものです。
でも、確かに日本シリーズから不調でした。
なるほど、阿部も普通の男だったんだと納得。
昨年は、結構図太い、ある意味、さすがは阿部と思っていたけれど、プロ野球は甘くないんだなと再認識しました。

posted by bhycom2 at 03:09| 東京 ☀| 野球 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。