2014年08月07日

阪神 和田迷監督

私は昔は巨人のファンで、現在は阪神ファン。
途中は広島ファンと言う浮気性の野球ファンです。
 
阪神タイガーズの親会社の株主総会で、和田監督の采配に文句が出て、和田監督の采配に変化がなければ、今年限りで解任すべきだという批判が出たのはご存知の方も多いと思います。
この監督、きっと人柄良く、嫌われていることはないと思います。
でも、昨日(8/6)のヤクルト戦を見ていて、これだから和田はだめなんだと思う典型的な采配がありました。
序盤、岩田が3点奪われたものの、ヤクルト投手陣の弱さに付け込み、中盤で3−3に追いつきます。
そして、確か6回だったと思うけれど、阪神はノーアウト1塁2塁の絶好のチャンスを迎えます。
序盤はヤクルトの流れがあったけれど、中盤にかけてヤクルトの投手の自滅もあって、流れは阪神に移って対スコアになり、この絶好のチャンスを迎えたのです。
ここでバッターは福留。
私は福留は嫌いではなくむしろファンです。
中日のころの福留はすばらしく、あのゴジラ松井の日本での最終の年、松井の3冠王を阻止したのは福留です。
打率で松井を追い抜き、福留は首位打者になっています。
でも、阪神での福留は、守備は評価するし、時々さよならホームランを打ったりして、存在感がないわけではありません。
でも、好機に凡フライや三振、最悪のダブルプレーが多いのも事実で、何度がっかりさせられたか分かりません。
昨日の解説の田尾も言っていたけれど、阪神の福留は、好球打ち損ないが本当に多く、動体視力が衰えているのかもしれないと思います。
今日の福留の打席に戻ります。
明白に阪神に流れが来ていたから、私が期待するのは、鳥谷やゴメスやマートンならまだしも、ダブルプレーだけは避けたいから、ここは送りバンドが上手な、たとえば今日なら俊介あたりに代えて進塁を目指すべきだと思うのです。
福留はバントがウマいとは思えませんが、福留にバンドも次善の策としてはあったと思います。
最悪、3塁で封殺されても、この日あたっている今成で、十分ヒットが点が取れる期待もできるし、アップアップだった相手の松岡だったことを考えれば四球の可能性もあったと思います。
でも、和田迷監督は、ここで福留に打たす強攻策に出たのです。
先ほども言った様に、鳥谷やゴメスやマートンなら強攻策も分かります。
全員3割近く打っている訳ですから可能性を感じます。
でも、最近あたりが多少出てきたとはいえ、確かこの打席を迎える福留の打率は確か214で強打がうまく行く可能性は高いとは言えません。
そして結果は、見事なダブルプレーで、結局この回ゼロに終わり、流れを阪神はなくしてしまいます。
そして、このような凡策でチャンスをつぶした後には、相手側に流れが移るというセオリーどおり、ヤクルトは3点を入れて、結局は7−6で負けるのです。
もちろん結果論だから絶対とはいえませんが、福留に任せその結果が最悪のダブルプレーだったプレーを見て、ヤクルトに点が入りそうな気がしたファンは多いのではないでしょうか。
巨人の原なら、多分、阿部や村田でも、バントさせたかもしれません。
私の知り合いの巨人ファンは原のことを馬鹿だと言うけれど、私は原の采配には結構共感を覚えます。
外野手を二人にするような失敗策もありますが、でもあの思いっきりは好きです。
和田監督なら、ぶっちぎりでないと阪神の優勝はないと確信します。
今日みたいなところで、勝つためなら非情とも思える采配をしてくれないと阪神の優勝はないと思います。
和田監督は良い人なんだろうけど、監督としては好きになれないのは、あまりにもだめだと私のような素人が感じた懸念が、そのとおりになってしまうところです。
一度、掛布か、滅茶苦茶であり得ませんが原にやってほしいと期待してしまいます。
posted by bhycom2 at 02:52| 東京 ☀| 野球 | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

大谷翔平 162`

昨日のオールスターの大谷には驚愕しました。
先日の記事で今までのスピードボールランキングを書きました。
 
1位 由規(ヤクルト)   161キロ
2位 大谷(日本ハム)   160キロ
3位 斉藤隆(ドジャース) 159キロ
4位 伊良部(ロッテ)   158キロ
   山口和男(オリックス)
   五十嵐(ヤクルト)
   馬原(ソフトバンク)

今日の登板で23球を投じましたが160キロ超えは、なんと12球!!!!
確か鳥谷と阿部に、日本最速の162`を記録。
確か、クルーンの最速記録に並びました。
それも2球も!!!
この投手は、ひょっとすると、ダルビッシュや田中を凌駕する存在になるのではないでしょうか。
メジャーもよく観ますが、1回という短いイニングの中とはいえ、こんな投手はほとんどいないのではないでしょうか。
確かチャップマンは169.1`記録しています。
いろいろ調べてみたら、昨年までの6年間でメジャーのマウンドに立った投手は1364人
1マイル(160.9q以上)を出した投手の人数は44人。
これは100人がメジャーのマウンドに立てば、約3人が100マイル投手。
大谷はすでにこのレベルにあると思うと、ものすごく期待してしまいます。
故障には気をつけてと願うばかりです。
posted by bhycom2 at 02:56| 東京 ☁| Comment(0) | 野球 | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

大谷翔平 異次元のすごさ

最近の大谷翔平はすごい。
菅野や藤浪はもちろん、ダルビッシュや田中の2年目と比較してもすごいのではないかと、少しデータを調べて見ました。
 
・スピードランキング
1位 由規(ヤクルト)   161キロ
2位 大谷(日本ハム)   160キロ
3位 斉藤隆(ドジャース) 159キロ
4位 伊良部(ロッテ)   158キロ
   山口和男(オリックス)
   五十嵐(ヤクルト)
   馬原(ソフトバンク)

2年目成績
・ダルビッシュ  25試合 完投3 完封2 無四球0 12勝5敗 奪三振115 防御率2.89
・田中将大    25試合 完投5 完封2 無四球1  9勝6敗 奪三振159 防御率3.49
・大谷      15試合 完投2 完封1 無四球0  9勝1敗 奪三振117 防御率2.23

大谷の2年目はまだオールスター前の前半戦の成績です。
後半戦がどのようになるか分かりませんが、2年目時点では、ダルビッシュや田中と比較しても遜色がないどころかむしろ上回っていると言っても言い過ぎではないと思います。
何よりも、大谷は打者としても、打率2.82、打点20 本塁打5本の成績を上げているのだから、驚いてしまいます。
2〜3年後の大谷に期待!
怪我なく史上最高の投手になって欲しいと思っています。
posted by bhycom2 at 03:22| 東京 🌁| Comment(0) | 野球 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。