2014年08月04日

沖縄の左傾問題と中国沖縄侵略問題

今年の秋の沖縄知事選挙は、沖縄県だけではなく日本全体の安全保障に関係があるといっても過言ではない選挙です。
それは、沖縄の左傾問題と中国沖縄侵略問題がリンクしている懸念が極めて高いからです。
沖縄の左傾問題と中国の沖縄侵略問題は東京に住んでいると、正直なところ別世界の話のように感じてしまいます。
多くのマスコミが偏向報道を垂れ流すから余計です。
今日ご紹介する動画は、現在の沖縄の左傾問題と中国の沖縄侵略問題を身近に感じ、この偏向報道への疑問を持つきっかけになると思います。
もし、沖縄が中国の実効支配下に落ちてしまったら、日本の安全保障の危機は大変なレベルになってしまいます。
また、本当に沖縄に住んでいらっしゃる方の多くが、本当に日本から独立したいと思っているのかという疑問を持ちます。
沖縄の2大左翼新聞である沖縄タイムズと琉球新聞。
また、この新聞の紙面を利用して偏向情報を垂れ流すTBS。
そして、日本を解体したいと持っているとしか思えない朝日新聞。
すべてが正しい情報かどうか私には分かりませんが、少なくとも朝日やTBSのような偏向メディアが慣れ流す偏向報道に対して疑問を持つきっかけになる動画だと思います。
できればご覧いただきたい動画です。
 
https://www.youtube.com/watch?v=Ad1R-UkqJN0
https://www.youtube.com/watch?v=PG5szVAZqek
https://www.youtube.com/watch?v=utJNuAAAtN8
posted by bhycom2 at 00:56| 東京 ☀| 政治社会 | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

ペット殺処分問題

私は犬2匹と猫1匹と暮らしています。
俗っぽい言い方ですが家族です。
でもこの家族のペットを泣く泣くとか言いながら、殺処分が明白な保健所に、多少は悩むのかもしれませんが連れて行く人間がいます。
ふざけるな!!!!と思います。
こんなふざけた人間の倫理観や無責任さについて今日は触れません。
常々おかしいと思っていることに触れたいと思います。
日々疑問に思うのは次のようなことです。
金が満々ある日本において、なぜ殺処分なんてふざけた制度があるのか?
ずっと自治体が飼育して、新しい飼い主に引き合わせることに資金の問題などはあり得ません。
雇用も生まれます。
そして、ペットを飼おうと思った人が保健所でペットを探すことが常態化することで誰が損をするかを考えれば、ペット産業と自治体に癒着があるのではないか?
ペットの殺処分はペット産業保護ではないかという疑問が生まれます。
さらに、噂されているペット産業と反社会勢力の関わりを考えれば、反社会勢力と自治体の癒着の闇に行き着くのではないか。
日本は世界でも、中国や韓国以外では、良い影響を与える国として評価されています。
また、この間のワールドカップでも、日本のサポーターの清掃問題や、大震災の時にも暴動が起きない国として、日本人は尊敬されているはずなのに、ことペットの問題としては、どうしてここまでひどい国なのか。
時々行くホームセンターに、生体のペットを売っているところがあります。
ここで思うのは、ペットショップで売れずに大きくなったペットはどうなるのか?
ここにも考えたくなくなるような悲劇が存在するのは明白。
こんな悲劇をなくすために、まずは、生体を販売している店の経営が成り立たなくなるよう、多くの人がペットを飼おうとするとき、まずは動物愛護センター(何が愛護センターかと思いますが)に行って探すのが辺り前にすれば、ペット産業は儲からない産業になり、途中で飼育放棄するようなブリーダーも少なくなって、金儲けのために小動物が利用されるペット産業なんて産業が斜陽を迎えます。
このようなことを実現するためにまずできることは、全国の自治体の殺処分というふざけた制度を撤廃することではないかと思います。
そのために一人でも多くの人が、惨いことだけれど、実態を知ることが大切だと思います。
ネットで検索すれば本当に多くの、現在のペットの問題点を指摘したサイトを見つけることができます。
多くの方にご覧いただきたいと思います。
posted by bhycom2 at 17:28| 政治社会 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。